講師・スタッフブログ一覧

スタッフブログ

下記をクリックするとそのスタッフのブログ一覧が表示されます。

IJ Lesson WK2 Hayao Miyazaki

ユーザー Mai の写真

Studio Ghibli films are definitely one of the most appreciated anime of our time, and many foreigners are a fan of Miyazaki’s work. People visit Japan solely to visit places like the Ghibli museum in Mitaka Tokyo, Totoro forest in Sayama Saitama, Or Yakushima islands in Kagoshima. With the planned opening of Ghibli Park in Aichi ahead in Autumn 2022, it might be a good idea to brush up on some studio Ghibli knowledge to share with your foreign friends.  

Cerry blossoms in Daigo

ユーザー Yumi の写真

Hello it's getting so warm these days.  How are you doing?

I visited Daigo temple that is famous for its cherry blossoms.  Actually I live near the temple. 

Introducing IJ lessons WK1 Sansai

ユーザー Mai の写真

Hello lovely English Buffettians! 

In concurrence with the start of the new school year, I decided to share with you a simple lead-in of the Introducing Japan (IJ) lessons I write each week. It comes with a little personal comment on the topic as well. 

"What's up?" "Not much."

ユーザー Kristopher の写真

Hey Readers!


I hope you're all doing well, and are excited for the warm weather! I've been enjoying the warmth and being able to relax at home (sort of). I've been experimenting with some curry recipes lately. It is really easy to make so I've had fun trying out different combinations.

Today we had an English cafe for 入門/基礎where we got to practice a common greeting for native speakers. This greeting is "What's up?" Usually this greeting looks like this in conversation:

5度目の結婚?!

ユーザー Teru の写真
今回は、最近5度目の結婚を発表したニコラスケイジについて触れてみたい。

5度目の結婚って、なんとも羨ましいような(笑)、大変なような(汗)

新妻はなんと滋賀県出身の日本人女性だそうだ。

映画『プリズナーズ•ゴーストランド』の撮影で滋賀県に滞在していた時、エキストラの彼女と出会ったというのだ。

ニコラスの歴代5人の妻の中には、エルヴィス•プレスリーの愛娘リサ•プレスリーも入っている。

彼女はマイケル•ジャクソンの元嫁としても有名だが、マイケルと別れた後にニコラスと再婚している。

ある意味、リサも凄いなぁ!笑

ただ、2002年8月に再婚し、同年11月には離婚調停というスピード離婚だった。

このように私生活も華やか過ぎる男ニコラスだが、出演映画もなかなかなの華麗なる作品歴である。

僕が個人的に好きなのは、なんと言ってもジョン・ウー監督の『フェイス/オフ』(Face/Off)だ。

この映画に関しては、ジョン・トラボルタのことを書いたブログでも触れたが、何しろ見ごたえのある面白い映画に仕上がっている。

ページ