教育方針

私たちEnglishBuffetでは、英会話の上達のために必要な条件・環境を整えて、ハイクオリティーな授業を低価格で受講していただけるよう、常に追及しています。

週1回のレッスンだけで上達するでしょうか?

週に1回(1時間)のペースでレッスンを受ける場合、1ヶ月間で4時間、1年間で48時間の授業を受けることになりま す。48時間 = 2日間です。1年365日のうちの、丸2日間のレッスンだけで語学を習得できるでしょうか? たとえ驚異的な記憶力を持つ乳幼児でさえも、365日の中 のたった2日間だけ、お母さんが優しく語りかけ続けても、到底、話し始めるとは考えられません。「English Buffet」では、語学の上達には、必ず、「量」と「質」の両方が大きな要素であると考えます。

レッスンの「量」について

今までの語学スクールの授業料は決してリーズナブルであったとは言えません。たくさんレッスンを受けた方が良いことは 解っていても、レッスン時間に比例して授業料は高額になってしまい、週に何時間ものレッスンを継続しにくかった状況がありました。また、1レッスン当たり の単価を安くするために最初に高額を支払ってたくさんのチケットを購入しても、チケットの有効期限内に使い切ることができず、結局はかえって高い授業単価 を払わざるを得ない状況になってしまったようなケースもありました。 「English Buffet」では、電話やインターネットを通してではなく、直接、ネイティブスピーカーと同じ空間の中で向き合いながら、できる限り多くの時間を共有 し、たくさん聞いて、たくさん話して頂くことを目的に、従来の語学スクールの価格破壊に挑戦した「英会話バイキング(習い放題)」という新たなシステムを 用いています。

レッスンの「質」について

レッスンの「質」については過去、どのスクールでも、試行錯誤を繰り返し、高める努力がなされてきましたが、中には、 努力や向上心の伴わない、ただ、ネイティブスピーカーであるだけで、講師を務めさせているようなケースも存在しました。
「English Buffet」では過去、20年間にわたり、外国人講師を派遣し続けた経験の中で、繰り返し生徒さんへアンケート調査を依頼し続けました。その結果、学校 サイドで各講師陣に同じ指導を行っていながらも、その中の一握りの講師だけが、生徒さんから非常に高い評価を受け、その講師が担当する授業の継続率は極めて高く、受講生の一定期間内での上達という結果にもつながっている、という興味深いデータが得られました。そして、結果をもたらすその一握りの講師達のクラスを分析し、また本人たちに直接、様々な問い掛けを試みてみたところ、彼らに共通するいくつか要素がわかり始めました。

  • 1クラス毎にかなり周到な準備を行っていること。
  • 方法には個人差がありますが、日本人の緊張を解きほぐす何からの手段や技術を持っていること。
    (1レッスンの中で幾度となく、生徒さんの大きな笑い声が聞こえるのが特徴)。
  • 何となく時間が経過するという意識ではなく、毎クラス、最低1つでも、各生徒さんに、何らかの習得や進歩をもたらさなければならないという強い義務感を持っていること。
  • 日本人に英語を教えることが、本音で大好きで、彼ら自身もクラスを楽しみ、充実感を感じていること。
「English Buffet」では、講師陣の厳選とその教育に徹底を図り「安かろう、悪かろう」とは正反対に、各クラスのレッスン内容、講師陣の質ともに